07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貪欲に

長くて厳しかったシアトルの冬もようやく終わり、
春の訪れが感じられる5月。

まだ肌寒い日が続くけれど、
数か月間見られなかった快晴の日が増えてきたよ

晴れてる日のシアトルは本当に最高
レイニータウンの別名でも知られるくらい雨が多くて、
そういう日はシアトルを嫌いになりたくもなる

でも、晴れた日がそのうっ憤を全て洗い流してくれる
だから、人はシアトルに住むのだと思う

東京の晴れている日は、気持ちが良いというよりじりじり暑い
湿気も多いからじめじめ気持ちが悪い

でもシアトルの晴れた日は、なんだかパリっとしてる。
空気が澄んで、空や雲の色も本当に絵具の色みたいにキレイ
そして心地いいのは風。
さわやかに吹きぬけて、真夏でもエアコンとは無縁らしい


いいな。シアトルいいな。ってつくづく思う、晴れた日は

住めば都、という言葉があるように住む場所と自分に相性なんてない
自分がどう好きになるか、どんないいところを見つけられるかだよね

アメリカ人は、
「好きなことを仕事にするのではなく、自分がしてる仕事を好きになる」国民らしい

それって何事にも言える大事なことだなぁと思ったし、
アメリカに住んでみてたしかにそういう人が多そうだ、とも思った


人生の楽しみ方がうまいっていうのかな。

日本は競争社会、って感じがするけど
アメリカ人は勝ち負けなんて誰も気にしてなさそう。
それよりも自分が楽しめればよしという個人主義。

日常のあるゆることで楽しむことに全力だ

社会人だろうと、結婚していようと、子供がいようと、
ましてや年をとっていようが関係ない
楽しめるだけ楽しむスタンス
全力で勉強し、全力で働き、そしてめいいっぱい遊ぶ。遊びまくる。
遊ぶための人生、なんてステキだろう。

今まで抱いてた大人という固定観念が覆された
日本の大人も、もっともっと楽しむことに貪欲になるべきだと思う

スポンサーサイト

Secret

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。