07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年は…

こっちにきて人生最大のデブ期が到来…!
というわけで、ダイエットを少し始めました。

と言っても、別に走ったりしてるわけではないのでたいしたものではないですが
夕食をサラダとかスープとか野菜系に変えてみたんです

そしたら1週間くらいで友達にちょっと痩せた?って言われて(たぶん勘違い)
めちゃくちゃ嬉しかったです
実際変わってないんですが、気持ち的にね!!



ダイエットを始めてからなんとなく気分もいいです
というのも、ダイエットは痩せることに意味があるわけじゃないと思う
いや、それが目的なんだけどそれよりも、
理想の自分に向けて努力ができるってことに大きな意味があると思う

このブログでも何度も言ってることだけど、
1つを頑張るといろんなことを頑張れる気がするの

逆に1つさぼると全部だめ。
体型維持も、部屋の掃除も、勉強も、美容も、全部繋がってることだから

このどれか一つでもいいやって思っちゃうときって、全てにやる気が起きなくて
自分が嫌いになって性格も卑屈になり負の連鎖…
めんどくさい、っていうのが一番だめ。めんどくさいことからやらなきゃ!

意外と完璧主義なとこもあるのかもね、
自分が満足できるレベルでいいから理想の自分でいたい。

アメリカにきてよかったと思う一番のことは、
もう一度頑張る自分に出会えたことだと思う

今思い返してみれば中学、高校、そして浪人時代はわりと頑張ってた方だと思う
遊びはしてたけど、テスト前は悪い点数取るのが嫌でちゃんと勉強してたし、
行事も(好きだったから)人一倍やる気出してたし・・・

浪人時代もまあ、授業は怠けてたけど読書したりランニングしてたりで毎日充実してた
結局は、頑張ってる自分が好きだったからだろうね


それが大学に入って、急に頑張ることが見つからなくなった
サークルも遊びだったし、授業も何にも聞いてなかったし、
テスト前の勉強もしなくなったし・・・

そんな自分がどんどんくだらなく見えてきて、
大学生ってなんて退屈なんだろうって思った

きっと、頑張ってこなかった人はあの怠惰な毎日で満足できるのかもしれないけど・・
私は充実した生活がどんなに楽しいかを知ってたから、
飲んだりさぼったりすることが、色褪せて見えてしまったんだと思う


頑張ることがあることってステキだと思う
どんな大学生も、たしかに難しいことだけど、それを見つけるべきなんだよね
頑張らないで4年間過ごしたら、この先の人生も何も頑張れないよ
べつにそれは海外にあるわけじゃない
私はたまたま海外にきて見つけたけど、日本にいてもどこでも見つかるはず

あ~ひさしぶりに向上心という言葉を思いだした!!!
好きな言葉は「前向き」の次に「向上心」です。←忘れてた


人と比べなくてもいい、人と自分は違うから!
自分との戦いだから、向上心だけは忘れずに。2010年、ほんとにいい年でした。
たしか2009年は「迷」の年でした(ブログにもそう書いた気がする)

それが一転して、思いもよらない年になりました。
20歳になり、初めて海外に行き、留学するなんてびっくりだね。
ということで2010年は気持ち新たに、スタートを切ったという意味で「新」の年です。


2011年はどんな年になるんだろうか。楽しみだなあ…みなさん来年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト

Secret

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。