07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYの旅(5日め)

最終日がやってくるのはあまりにも早かった…!
今日は最後らしく豪華なメインイベントが2つ♪
最終日まで取っておいた自由の女神とブロードウェイ!!!

寒いのは相変わらずとは言え、この日はほんとにきれいな青空と雲でした。
絵に描いたみたいな空だった。。

自由の女神ってNYの都会のど真ん中にあると思ってたけどそんなことはなく、
リバティ島というマンハッタンからフェリーで15分くらいのとこにありました

最初にマンハッタンから見たときは、意外に小さくない?とか言ってた3人でしたが、
その島に言ってみて驚き!やはりでかい~(●^o^●)

くるまで知らなかったけど、
自由の女神はアメリカ独立戦争の100周年を記念してフランスが贈った像らしく
歴史は意外と浅いんだね。
できたのは1986年ってことはまだ24歳とかじゃん女神★←なめすぎ

そしてもう1つリバティ島で感動したのはそこから見るマンハッタンの景色。
P1010226_convert_20101224110524.jpg

離れて見るとまたステキですね~ここにマンハッタンの夜景を見にきてもいいかも♪



女神の正面に近づくにつれ興奮する3人!いよいよ絶景スポットについたところで、
写真を撮ってくれる人を探す。
一眼レフを持ってるおじさんなら間違いないだろう!と頼んで撮ってもらった写真がコレ。
P1010231_convert_20101224110938.jpg

自由の女神をバックに同じポーズでキメて、満面のドヤ顔をする私たち・・・
しかし残念ながら肝心の女神の姿はどこにもない・・・


脳なし一眼はシカトして、次こそ有能な一眼に!
「縦で撮ってくださいね!」と念まで押して撮った写真がコレ。

P1010232_convert_20101224111134.jpg

2人めの脳なし一眼ww念まで押してこれ!?縦の意味がみじんも感じられない!
一体君らの一眼はなんのために?ww


最終的に若い女の子に頼んだら、いい写真が撮れました★
P1010235_convert_20101224111258.jpg

これだよ、望んでた写真はぁぁぁぁ!!!!



NYの旅で得た教訓に、
一眼レフは良い写真家が持ってるわけではないということをプラスしておきます。←


そしてTimes Squareに戻り、ブロードウェイでマンマミーアのチケットを買うことに。
P1010244_convert_20101224113150.jpg


うちらが狙ってたのは通常$100前後が、学生だけ$30というスペシャル価格のチケット!
きっと何時間も並ぶのだろう、と覚悟して行ったがなんとものの1分で買えたっていうミラクル。
普通の割引チケットは何時間も並ばなきゃ買えないのに、学生ってラッキーね。

もしブロードウィイに行くことがあるなら、
この水曜日限定の学生割引をごり押しします。(●^o^●)

並ばずに済んだことで大幅に時間が空き、どうするかってことで向かった先はチェルシー。
ここは絵画のギャラリーが立ち並ぶアートの街!街が全部おしゃれすぎて驚いた!!!

まあ~残念ながらリバティ島でカメラを落として壊すという事故があり・・・
その街の写真が撮れませんでしたが・・・(久々に復活の壊し屋りな!)

ほんの何ブロックかの狭い範囲に200軒ものギャラリーがあるというからまたびっくり!!
その中の10数軒しかいけなかったけど、相変わらずアートのことはよくわからなかったけど←
いい時間潰しにはなったかな(すべての芸術家に謝れ)


そして待ちにまったマンマミーア!!!
P1010261_convert_20101224113622.jpg

そういえばこれが人生初のちゃんとしたミュージカルです。
それが本場ブロードウェイでしかもいい席で観れるなんて幸せすぎるー!!!
こんないい思いしていいのか自分、と感極まって開演前から泣きそうにw←おおげさ

まあ・・・もちろん開演中にも泣いたのは言わずもがな、
生での歌とダンスは言い表せない感動を与えるね!!!!
とにかく歌唱力に圧倒してうっとり。うますぎだろ~!!!

ただの歌とダンスでも感動するのに、物語になってるからなおさら感情移入するよね…
マンマミーアの映画観たときもやばいくらい感動したけど
今回はまたその100倍くらい感動した。余韻がなかなか冷めなかったもん!!
外は-10℃の極寒だって言うのに外に出たとき寒さすら感じなかったね!!!←ほんとかよ

私の感想を聞くよりも、1人でも多くのみなさんに観てほしいです。
あの作品をこんな乏しい私の語彙と表現力で言いまとめるなんて、そんなおこがましいこと!

いやー、思わず帰り道、
「あんなきらきらした人たちを観たあとで吉野家を食べるなんて
どう考えてもみじめすぎるだろう、うちら!」と言い合い、

吉野家でテイクアウトする予定だった最後の晩餐もリッチに外食することに変更。
ちょっと、アメリカナイズされた牛丼もトライしてみたかったけど、まあ次のお楽しみで。

再びRudy Tursdayで余韻にひたりながらのステキなNY最後の夜を過ごしましたとさ!ちゃんちゃん。


スポンサーサイト

Secret

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。